ロボットシャトルのイメージ
割と小さめ

8月から千葉のイオンモールで運行予定の自動運転バス「ロボットシャトル」のデザインが公開となった。フランスのLigier(リジェ)が製造した電気自動車(EV)「EZ10」を採用している。

ロボットシャトル、側面
ゆっくり走ることが前提の車体だ

座席、立ち乗り合わせて12人乗り。巡航速度は時速20km、最高時速40km。あらかじめ設定した経路をカメラなどで確認しながら無人走行する。また近くに人や障害物を検知すると、自動で減速、停止する。

ロボットシャトル、遠景
人間のそばに来ても威圧感がない

まずはイオンモール幕張新都心が一部を管理している豊砂公園の敷地で、買い物などにやってくる人向けに運営する。

車体ロゴがある通り自動運転バスの導入を手掛けるのはディー・エヌ・エー(DeNA)。リジェが出資するEasyMileと提携して、今後、全国に展開する計画だ。