フランスのリジェが作った電気自動車「EZ10」
フランスのリジェが作った電気自動車「EZ10」を使う(出典:EasyMile)

千葉県千葉市のイオンモール幕張新都心で、8月から自動運転バスの運行が始まる。

F1に参加した企業が製造

自動運転バスの名前は「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」。日本で一般にバスと言って想像するよりは小さめな車体で、フランスのLigier(リジェ)が製造した電気自動車(EV)「EZ10」を採用している。

リジェというと、F1(フォーミュラ1)に参加していた企業という印象だが、近年はこうした面白いクルマを作っている。

自動運転バスの車内のようす
座席は6人分、立ち乗り6人乗り(出典:EasyMile)

座席は6人分だが、ほかに6人が立ち乗りでき、合計12人乗り。巡航速度は時速20km、最高でも時速40kmまでしか出ない。


当然ながら運転席はなく、あらかじめ設定した経路を、カメラなどの各種センサー、GPSで確認しながら無人走行する。車両の近くに人や障害物を検知すると、自動で減速、停車をする。

イオンモール幕張新都心に登場

まずはイオンモール幕張新都心が一部を管理している豊砂公園の敷地で、買い物などにやってくる人向けに運営する。

ロボットシャトルのデザイン
日本ではこんなデザインに

イオンモール幕張新都心といえば、系列のショッピングセンターの中でも有数の規模があり、端から端まで歩くとかなりの距離。小さな町ぐらいの大きさで、そもそもバスの停留所も複数か所ある。新たな自動運転バスも使いでがあるかもしれない。

自動運転バスの導入を担うのはディー・エヌ・エー(DeNA)。リジェが出資するEasyMileと提携して今後、自動運転バスを全国展開する計画。幕張での導入はその第一歩だ。日本国内ではショッピングセンターやテーマパークや工場などの私有地の内部を走る予定。