@cosmeのスクリーンショット
化粧品に詳しくなくても、ついつい読み込んでしまう文章

化粧品情報サイト「@cosme(アットコスメ)」に、人気漫画「はだしのゲン」になりきって書いたレビューがあるとして、Twitterなどで話題になっている。

はだしのゲンは、中沢啓治氏による少年漫画。原爆の投下された広島を舞台に懸命に生きる主人公、中岡ゲンの姿を描いた名作。小中学校などで蔵書にしているところも多く、多くの人が読み知っている。

作品は中沢氏の体験を色濃く反映しているとはいえ、ゲンはもちろん架空のキャラクター。ただ、@cosmeにはそのゲンになりきって化粧品のレビューを投稿し、注目の的になっている人物がいる。

読んでみると、米国バラク・オバマ大統領の広島訪問などにも触れつつ、さまざまな日常をつづるとともに、軽妙な語り口で商品の使い心地を説明している。

3月から合計35件ものレビューを投稿しており、「お値段もお手ごろじゃし、疎開先でもこいつを使いたいのう!」などの言い回しは面白く、化粧品に詳しくない男性でもついつい引き込まれて読みふけってしまう。