熊本地震の被災地に住む人は、5月もデータ通信速度の制限なしでauのスマートフォンや携帯電話を利用できる。

携帯電話各社は、被災地に住む人が避難先などで必要な情報を入手できるよう、4月中旬に月末までの速度制限を解除した。契約プランによって決まっている月々の通信量の上限に達しても、通常の速度で使い続けられる。特別な手続きは必要なく、各社が自動で解除している。

auは被災地の状況を見て、5月いっぱい速度制限なしとする措置を続けることにした。

対象となるのは、熊本地震の影響で災害救助法が適用となった地域に契約者住所または請求書送付先住所がある人。指定のパケット定額サービスや料金プランに加入していることが条件だ。


携帯電話会社は横並び傾向が強いため、NTTドコモやソフトバンクの施策も注目されるところ。