弘前市のエイプリルフールは気合が入ってるな。違う?
弘前市のエイプリルフールは気合が入ってるな。違う?

青森県でも桜の開花シーズンを迎えるにあたり、花見の名所である弘前城をロボットにする「お城ロボット」計画が始動した。弘前市による取り組み。

すでに市は特設サイトを立ち上げている。「4月1日に公開したが、エイプリルフールサイトではない。弘前市は本気でロボを作る野望を抱いている。今後の動きに期待してほしい」との断り書きがある。

弘前城 お城ロボットは、花見の名所である城により親しみを抱いてもらうことを目的としたキャラクターとのこと。特設サイトでは制作中のシルエットなどが公開中だ。

そびえたつ大型ロボットのほかに5機のロボットが
そびえたつ大型ロボットのほかに5機のロボットが

2016年の「弘前さくらまつり」でのイベント開催やテーマソングの制作などが当面の活動だそう。いきなり、城が変形して動き出すことはなさそうだが、今後どのような展開をするのかはやや気になる。繰り返すようだがエイプリルフールではないそう。