シーバー?シーバエ?シェイヴェ?とにかくそういう組織らしい
シーバー?シーバエ?シェイヴェ?とにかくそういう組織らしい

最近また新しい「宇宙人の音声」が話題になっている。2月中旬にYouTubeで公開になり、その筋では注目の的だ。

今回の音声は、The Sheivae Projectを名乗る組織あるいは個人が投稿した。

その主張によると、音声は米国航空宇宙局(NASA)が2012年に火星に送り込んだ探査機「キュリオシティ」が受信した。

内容はSheivae(シーバエ?)と名乗る異星人から地球人への呼びかけ、ということになっている。なんでもSheivaeは1977年にNASAが宇宙へ送り出した「ボイジャー」の1号か2号かどちらかと接触し、地球の生命や文化の存在を伝える記録媒体、いわゆる「ゴールデンレコード」を読み解いたらしい。

そして返信を送ってきたという。くだんの動画を視聴するとシーバエ?は英語で流暢に語っており、丁寧にテロップまでついている。対訳は次の通りだ。


“HELLO”
「こんにちわ」

“I AM SHEiVAE.”
「わたしはシーバエ」

“I RECEIVE YOUR MESSAGE.”
「あなたがたのメッセージを受け取った」

“I COME FROM WORLD FAR AWAY FROM YOURS.”
「わたしはあなたがたの世界からはるか遠くの世界から来る」

この言い回し、すごく地球のSFが好きな異星人なのでは
この言い回し、すごく地球のSFが好きな異星人なのでは

“YOU ARE NOT ALONE.”
「あなたがたは孤独ではない」

“I HOPE YOU RECIEVE MINE. I HOPE YOU UNDERSTAND MY MESSAGE.”
「私のメッセージを受け取ってくれることを願う。私のメッセージを理解してくれることを願う」

“I TRY TO LEARN YOUR LANGUAGE(???)YOURS.”
「私はあなたがたの言葉を学ぼうとしている。(???)あなたがたの」

“(???)”
「???(音声では『あなたがたの言葉は美しい』と述べているように聞こえる)」

“ME I LOST (???) I LOST MY PLANET. NOW I AM EXPLORER, VOYAGER, CREATER.”
「私、私は???を失った。我が惑星を失った。今や私は冒険者、航海者、作り手だ」

“YOU ARE MY FIRST CONTACT.”
「あなたは私にとってのファーストコンタクト(最初の出会い)だ」

“I WOULD(???)LIKE TO(???)YOU.”
「(音声では『私はあなたがたに会いたい』と述べているように聞こえる)」

“I AM NOT YOUR ENEMY.”
「私は敵ではない」

“I COME IN PEACE.”
「私は平和のうちに来る」

どこかで聞いたような言い回しがふんだんにちりばめられており、動画を再生しているうちに若干頭痛さえ覚えるほどだ。

しかし海外では非常に注目を集めており、英国の「デイリーメール」から、ロシアの「スプートニク」まで多くのニュースサイトが嬉しそうに取り上げている。日本でも「トカナ」などが強い興味を示している。

過去に公開になった宇宙人の音声と称する数々の録音に比べても、さほど特異とは思えないのだが、いまだにこうした話題に興奮する人々が全世界に一定以上おり、インターネットでつながって、情報がかけめぐらせている事実にあらためて感じ入る。

なお、動画は3月に入って続編が公開となっている。今度は謎の機械音や奇妙なスケッチ、そして「BLACK MOTHER(黒の母)」などの気をそそるキーワードが登場する。


The Sheivae ProjectがどうやってNASAから音声を入手したのか、シーバエの正体とはなんなのか、黒の母とは何者なのか、気になるのであれば追いかけてみてはどうだろうか。

「黒の母」とは
「黒の母」とは

なお、かなりの話題になったにもかかわらず、The Sheivae Projectの公式Twitterアカウントは3月3日時点で、わずかなフォロワーしかいない。あまり活発にツイート(投稿)していないせいかもしれないが、若干気の毒である。