いよいよ打ち上げ
いよいよ打ち上げ

宇宙を飛ぶX線望遠鏡。「ASTRO-H(アストロH)」の打ち上げが迫っている。2月17日17時45分を予定している。インターネットを介したライブ中継も予定している。

アストロHは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の人工衛星。最新のX線望遠鏡を備えている。質量は2.7トン。「日本の科学衛星としては過去最大のもの」と、国立天文台の縣秀彦准教授は、Yahoo!個人ニュースの記事で解説している。

打ち上げに成功すれば、暗黒エネルギーや暗黒物質(ダークマター)の支配のもとで宇宙最大の天体である銀河団ができあがった過程や、多数の銀河の中心に君臨する巨大ブラックホールの生い立ちなどを調べたいと、JAXAは説明している。

無事、地球をめぐる軌道に乗ることを祈りたい。アストロHは当初は2月12日に、鹿児島県の種子島宇宙センターから、H-IIAロケットで打ち上げ予定だったが、天候の問題で延期。新たにスケジュールを組み直している。

すっかり恒例になった、JAXAによる打ち上げのライブ中継もまた「YouTube」と「ニコニコ生放送」で実施予定だ。



詳細は公式サイトで確認されたい。