出典:ISTサウンディングロケット「モモ」ユーザーズガイド
出典:ISTサウンディングロケット「モモ」ユーザーズガイド

開発が進む日本の民間ロケット「モモ」。その概要を分かりやすくまとめたユーザーズガイドのベータ版が公開となった。

モモは、堀江貴文氏などが立ち上げた北海道の企業、インターステラテクノロジズ(IST)の製品。燃料としてエタノールを用いた液体ロケットエンジンを備え、重さ20kgのペイロード(積載物)を、高さ100km以上まで低コストで打ち上げる。約4分間の微小重力環境が得られ、ペイロードを洋上で回収することも可能。

2016年夏に打ち上げを予定している。当初数回の打ち上げは技術実証試験として行うとしている。将来は商業化を見込む。

用途は微小重力実験や高層大気の観測、赤外線・X線などによる宇宙観測、高加速度条件などの打ち上げ環境を利用した技術試験、さらには商品や企業のPR活動、エンターテインメントまで幅広い。

機体の製造、ペイロード整備から、打ち上げ、回収に至るオペレーションは北海道・大樹町の施設で一貫して行う。エンジンや機体、各種メカトロニクス、アビオニクス、無線設備、シミュレーションプログラムまで内製するのが強み。蓄積した総合工学技術を生かし、ロケットを利用したい研究機関や企業などの要望に柔軟に対応できるとしている。

ユーザーズガイドはISTの公式サイトからダウンロードできる。開発状況の報告といった意味合いもあるようだ。