サンコーは、棒の先端のホルダーにスマートフォンを取り付け可能で、手もと部分にシャッター用スイッチを設けた自分撮り用アクセサリ「手元でシャッター!スマホ用自分撮りスティック」を発売した。直販価格は税込3,280円。

韓国でブームの「セルカ棒」上陸!手もとでシャッターが切れる自撮り用スティック
自分撮りスティックの特徴

従来の自分撮りは、手でスマートフォンを持ち、腕を伸ばして撮影していた。しかし同製品を使うと、約 25cm から 100cm まで伸縮するスティックと角度調整可能なスマートフォンホルダーを利用して、好みの距離やアングルから自分撮りができる。また、同製品をスマートフォンと Bluetooth 接続することで、手もとにあるスイッチでシャッターが切れるので、セルフタイマーを設定する必要もない。


長さと角度共に調整が可能だ
長さと角度共に調整が可能だ

ホルダー部分は幅 56cm から 82cm まで対応しており、iPhone 6 Plus など大きいサイズのスマートフォンでも装着可能。さらに三脚穴のあるデジタルカメラも取り付けられる。

このような自分撮り向けのスティックは、韓国でブームを巻き起こしている。韓国では自分撮りのことを、セルフカメラを略した「セルカ」と呼んでおり、ブームに反応した日本のユーザーの間では同スティックのことを「セルカ棒」と呼んでいるようだ。