「おそ松さん」人気で原作コミックが前年比80倍の売れ行き―電子書店が歓喜
原作からしてフリーダム(c)Fujio Akatsuka

テレビアニメ「おそ松さん」の人気で、インターネット企業もさまざまな恩恵をこうむっている。電子書籍配信サービス「eBookJapan」は、原作漫画「おそ松くん」の売り上げが前年比80倍になったと嬉しそうに報告している。

おそ松さんは、漫画家・赤塚不二夫生誕80周年記念として制作し、2015年10月に放送開始した。


原作となった漫画のおそ松くんでは、小学生の6つ子がいたずらを繰り広げるギャグ漫画だったが、アニメのおそ松さんでは6つ子がおとなになって活躍する。

当初からおとなになった6つ子の配役に、女性人気の高い男性声優陣をそろえたことで前評判が高かったが、放送開始後はTwitter上でほとんど熱狂といっていい女性ファンの感想が流れるようになり、人気に目を付けたニュースサイトも度々話題として取り上げた。好評もあってか2016年1月からは、つつがなく2クール目が流れる予定。

原作漫画は売り上げが増えたほか、eBookJapanの人気急上昇作品のランキングでも1位になったそう。