情報漏えいが相次いでいる。日本郵政に続き、東京商工会議所でも、情報漏えいが発覚した。こちらはメールの誤送信ではなく、ウイルスの感染が原因だ。

東京商工会議所の事務局員が使用しているパソコンが標的型メールでウィルスに感染していたことが5月22日に判明した、と6月10日に発表している。国際部で管理していた個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス、会社名の一部または全部)が漏えいした可能性があるとのことだ。


情報漏えいの対象者には直接連絡したという。

東京商工会議所が標的型メールでウィルス感染、個人情報が漏えい
東京商工会議所 Web ページ