ヤフー(Yahoo! JAPAN)は、「Yahoo!ヘルスケア」のプロジェクト「HealthData Lab」(HDL:ヘルスデータラボ)で、新たに、日本人1万人分の遺伝子情報の反映を開始した。データの母集団としては国内最大規模。

その結果、HDL の病気発症リスクや体質が調べられる一般向けゲノム解析サービスで、分析結果の精度が向上した。


HDL では、2014年11月から開始したゲノム解析サービスに先立ち、同年6月から、ゲノム解析サービスを体験して研究活用にも協力する無料モニターを募集、日本国内の人口分布に比例した、地域に偏りがない1万人をモニターとして抽出している。

今回、モニター全員の遺伝子解析が完了したことを受け、ゲノム解析サービスユーザー全員に、それら1万人分のデータを反映、精度の高くなった最新の遺伝子分析結果が、ユーザーごとのページで提供できるようになった。

Yahoo!ヘルスケアのヘルスデータラボ、日本人1万人の遺伝子データ反映を開始
分析結果例