ゲームの実況に特化したライブストリーミングサービス「Twitch」を 米国 Amazon.com が買収すると発表した。9億7,000万ドルの現金で、2014年後半に手続を完了する。人気サービスとはいえ破格にも思える買い値だが、噂では米国 Google と競り合ったと言う。

ゲーム実況配信の「Twitch」、Google ではなく Amazon.com が買収へ--9.7億ドルで
Twitch

Twitch は2011年に開始。かつて米国 Ustream とシェアを争ったライブストリーミングサービス「Justin.tv」から分化したもので、本家 Justin.tv が失速したのとは対照的に大成功を収めている。2014年7月時点で5,500万人以上のユーザーがおり、ゲーム会社やプロのゲームプレーヤの開設したものも含めて100万以上の配信チャンネルがあるという。


Amazon.com では今後、Twitch の新サービス構築を支援するとしている。Twitch 側でも Amazon.com による支援を歓迎する声明を出している。

今回の買収で、Amazon.com は動画分野のソーシャルメディアに大きな足がかりを得た形だ。

一方、Google は今後、YouTube などのライブストリーミングサービスの強化で新たな施策が必要となりそうだ。