手元を見ずに文字入力できる「Move&Flick」(ムーブアンドフリック)の無償配布が、NTTドコモから開始された。Move&Flickでは、スマートフォン画面の下段中央部分に「文字入力エリア」が大きく表示され、文字入力エリア内であればどこからでも文字を入力できる。

文字入力エリア内の、指でタッチした場所に文字入力キーが表示され、その後続けて指を8方向のいずれかに2回スライドさせると、ひらがなを入力できるようになり、手元を見ずに文字を入力、メールを書いたり検索したりできる。


スマートフォン向けの新たな文字入力アプリ「Move&Flick」
「Move&Flick」画面

従来の文字入力システムでは文字入力キーの位置を正確に把握しづらい視覚障がい者にとっては、このアプリは便利だ。ただし、対応するのはiOS8.1以降で、それ以前のiOSでは動作しない。

>
Move&Flickの紹介ビデオ