知恵共有サービス「Yahoo!知恵袋」のiPhone版アプリがリニューアルされた。Android版は、後日公開される予定。

また、「Yahoo!知恵袋」公式ブログでは、アプリリニューアルの特別企画として、 「Yahoo!知恵袋」の投稿データを活用した「恋愛」にまつわる調査記事が公開された。


「Yahoo!知恵袋」は、登録ユーザー数2,000万、質問数1億4,800万、回答数3億6,600万以上の、日本最大級の知恵共有サービス。デバイスなどの進化に伴い、モバイル端末で使うユーザーが増え、スマートフォン経由のアクセスは上昇している。

今回のリニューアルで、アプリのトップページにあたる「ホーム」の機能が刷新された。

従来の「ホーム」は、閲覧数や回答数のランキング、新着の質問など、「Yahoo!知恵袋」が用意した固定のコンテンツを提供していた。リニューアルで、「ホーム」に「Yahoo!知恵袋」の400種類超からなる「カテゴリ」とユーザーが任意で設定できる「キーワード」を最大20件まで登録できるようになった。

登録した「カテゴリ」「キーワード」に関連する新しい質問が投稿されると「通知」が届く。さらに、操作性にも工夫を凝らし、「ホーム」に設定した「カテゴリ」「キーワード」をスワイプ(画面を指で滑らせる操作)で横移動できるようにした。

また、今回のアプリリニューアルの特別企画として、「Yahoo!知恵袋」での「恋愛相談」に関する調査記事を、公式ブログで公開した。全Q&Aの約20%を占める「恋愛相談、人間関係の悩み」カテゴリから対象のキーワードを含む質問を抽出し、インターネット上の恋愛相談事情を時系列で可視化した。

「婚活」「初デート」「プロポーズ」などの質問が最も需要の高まる時期を考察するとともに紹介している。例えば、「初デート」の需要が高いのは3〜4月。新生活、新学期シーズンに投稿が多くなる傾向にあるようだ。

「Yahoo!知恵袋」iPhone版アプリがリニューアル
「初デート」の需要が高いのは3〜4月

集計期間は2014年1月1日〜2014年12月31日、対象カテゴリは「恋愛相談」、対象キーワードは「婚活」「合コン」「初デート」「浮気」「プロポーズ」。