朝日新聞社は、スマートフォンを紙面にかざすと「第97回全国高校野球選手権大会」のハイライト動画が見られるサービスを開始した。

甲子園の記事はスマホを片手に読む--新聞紙がハイライト動画と連携
甲子園の感動を紙面でも、動画でも

同サービスは画像認識アプリ「朝日コネクト」を活用。アプリを起動したスマートフォンやタブレットをスポーツ面にある「球音」のアイコンにかざすと、ABC朝日放送提供の動画を視聴できる。


サービスの適用対象は、大会第1日(8月6日)の模様を報じる翌日紙面から、決勝がある第14日(8月20日)の翌日紙面まで。「朝日コネクト」の日付を紙面の発行日に合わせると、その日の紙面に関連した動画が表示される仕組みとなっている。

「朝日コネクト」は、スマートフォンを紙面にかざすと、関連したさまざまなコンテンツにつながる画像認識アプリ。これまで同紙の連載記事や広告などに活用されており、高校野球の紙面で活用されるのは今回が初めて。