iOS/Android 向け言語学習アプリ「HelloTalk」のユーザーが100万人を突破した。

お互いに教えあう言語学習アプリ「HelloTalk」、ユーザー100万人を突破
「HelloTalk」アプリ画面

HelloTalk は、各ユーザーに、携帯やタブレット端末でお互いにそれぞれの母国語を教え合う機会を提供している。さらに、ユーザーがリアルタイムでネイティブスピーカーと言語学習ができるよう、様々なメカニズムを導入している。


アプリユーザーの学習言語の内訳は、59%が英語、9%が韓国語、8%が日本語、5%がスペイン語、4%が中国語、そして残りの15%がフランス語、イタリア語、ロシア語、アラビア語、ドイツ語などで占められている。ナバホ語やエスペラント語などまで含む、100を超える言語の学習をサポートしている。

HelloTalk のダウンロードはこちら(iOS/Android)。