MMD 研究所は、9月9日に発表されるとみられる新型 iPhone(俗称「iPhone 6」)に対する消費者の購入意向などを調査した。それによると、携帯電話/スマートフォン所有者の16.9%が「購入したい」、18.9%が「やや購入したい」と答え、合わせて35.7%の人が購入を希望していることが分かった。また、画面サイズが5インチ以上になるモデルの登場が噂されていることに関し、購入希望者の40.7%が「5.5インチ」、20.1%が「4.7インチ」に興味を示した。

3割超が「iPhone 6」購入に興味あり、その4割が「5.5インチ」を希望
iPhone 6の購入意向

興味のある画面サイズ
興味のある画面サイズ

9月9日に発表され今秋発売と言われている iPhone 6 は、大きな画面の Android スマートフォンが増えるのに対抗して大画面モデルが用意されたり、NFC が搭載されたりといった噂がある。そこで MMD 研究所は、携帯電話/スマートフォン所有者3,000人(NTT ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの契約者が各1,000人)を対象として、8月27日から8月29日にかけて調査を実施した。


35.7%いた iPhone 6 購入希望者に理由を尋ねたところ、「iPhone に興味があるから」という回答が48.3%で最多。これに「現在利用中の携帯電話・スマートフォンの更新タイミングだから」が33.3%で続き、「iPhone の大画面化がウワサされ興味があるから」という人が29.9%いた。

購入理由
購入理由

購入希望者の割合を現在の契約キャリア別にみると、ソフトバンク利用者が42.9%、ドコモ利用者が33.5%、KDDI 利用者が30.8%。

キャリア別購入意向
キャリア別購入意向

どのキャリアからの購入を望むかという質問に対しては、購入希望者の31.7%がソフトバンク、24.2%が KDDI、19.9%がドコモを選んだ。また、キャリアを決めていない人は17.8%、SIM フリー版を買うつもりの人は6.4%だった。これを契約キャリア別にみると以下の結果となり、ドコモは KDDI とソフトバンクに比べ自キャリアで継続利用を希望する人の割合が少なかった。

【ドコモ 利用者】
・自キャリア(ドコモ):55.2%
・KDDI:6.3%
・ソフトバンク:11.0%
・SIMフリー版:7.8%
・未定:19.7%

【KDDI 利用者】
・自キャリア(KDDI):71.4%
・ドコモ:3.2%
・ソフトバンク:4.2%
・SIMフリー版:5.2%
・未定:15.9%

【ソフトバンク利用者】
・自キャリア(ソフトバンク):67.6%
・ドコモ:4.2%
・KDDI(au):4.2%
・SIMフリー版:6.3%
・未定:17.7%

購入希望キャリア
購入希望キャリア

契約キャリア別の購入希望キャリア
契約キャリア別の購入希望キャリア