落下を自動検出するスマートフォンケース「ADcase」

「ADcase」は、スマホの落下を自動検知してスプリングダンバーを飛び出させ、スクリーンを守るスマートフォンケース。ドイツ アーレン大学のPhilip Frenzelさんが開発した。

落下を自動検出するスマートフォンケース「ADcase」
「スプリングダンバーでスマホの画面を保護する「ADcase」

スマートフォンが自由落下していることを検知するセンサーを搭載。検知した場合には、ケースの四隅からスプリングダンパーを飛び出させる。このスプリングダンパーはクッションとして機能し、スマートフォンの安全な着地をサポートするという仕組みだ。

落下を自動検出するスマートフォンケース「ADcase」
「ADcase」に入ったスマホを落とすと

落下を自動検出するスマートフォンケース「ADcase」
スプリングダンパーが飛び出して

落下を自動検出するスマートフォンケース「ADcase」
スマートフォンの安全な着地をサポート

Philip Frenzelさんは近く、「ADcase」の市販化に向けて、クラウドファンディンサイトKickstarterでの出資者募集のキャンペーンをスタートさせる予定。現時点では、「ADcase」は、iPhone 6/6 Plus、iPhone 6S/6S Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone 8/8 Plus、そしてiPhone X対応版が販売される予定だ。

落下を自動検出するスマートフォンケース「ADcase」
ざっくりこんな感じのサイズ感

落下を自動検出するスマートフォンケース「ADcase」
…歩き出しそう?

スマートフォンの落下時にダンパーなどを飛び出させるケースという発想は、実は目新しいものではない。2013年にはホンダがジョークながらも、エアバッグ付きスマートフォンケース「Smartphone Case N」というアイディアを公開している。

ホンダによるエアバッグ付きスマートフォンケース「Smartphone Case N」(ジョーク)
これがホンダのエアバッグ付きスマートフォンケース(ジョーク)
スマホ12個分のビッグなサイズ

ホンダによるエアバッグ付きスマートフォンケース「Smartphone Case N」
うっかりスマホを落とすと

ホンダによるエアバッグ付きスマートフォンケース「Smartphone Case N」
エアバッグが膨らみ

ホンダによるエアバッグ付きスマートフォンケース「Smartphone Case N」
スマホの安全な着地をサポートする

ホンダがこのアイディアを公開したとき、これを本当の製品だと勘違いした人から、次のような批判の声があがった。

「突然、加速がかかったら、それが引き金となってエアバッグが膨らむことはないのか?例えば、車、飛行機、ジェットコースター、電車などに乗っているときだ。ポケットに入っているときに、Smartphone Case N が膨らんだ場合のことを考えるべきだ」

「ADcase」に同様の懸念を持つ向きもあるだろう。だが「Smartphone Case N」や「ADcase」が作動するほどの加速が人間の身体にかかっているときには、スマートフォンのことより、自分の身の安全を考えた方が良いような気がする。

スカイダイビング
例えば、こんな時?
「ひゃっほーい!」

「ADcase」の実際の動作については、次の動画を参照されたい。