電動オフロードバイク、CAKEの「KALK」

軽量な電動オフロードバイク「KALK」のプリオーダーが開始された。開発したのは、米国デンバーに本拠を置くCAKE。

電動オフロードバイク、CAKEの「KALK」
軽量な電動オフロードバイク「KALK」、プリオーダー開始

山や自然を排気ガスなどから守るために開発された製品。CAKEの創業者でありCEOのStefan Ytterborn氏は「KALK」販売開始につき、次のように述べている。


「軽く静かでクリーンな電動オフロードバイクは、騒音や大気汚染、複雑なメカニズムなどを過去の時代のものとするだろう」

電動オフロードバイク、CAKEの「KALK」
山や自然を排気ガスなどから保護することを目指す

その最大のメリットは、軽量であること。重いエンジンや変速機やクラッチが不要な電動バイクのため、重さは70キロ以下となった。120キロ程度の重さを持つ一般的なオフロードバイクと乗り比べると、オフロードでは軽さが大きなアドバンテージとなることを実感できるという。この軽さにより「KALK」は、経験のあるなしや性別/年齢の違いに関係なく、幅広い人が乗れるバイクとなった。

電動オフロードバイク、CAKEの「KALK」
軽さはオフロードでは大きなメリットに

パーツの多くは一から開発されたものだという。マウンテンバイク用のパーツでは強度が足りず、一方従来のオフロードバイクのパーツでは重すぎたためだ。このため、シャシーやフレーム、コックピット、ホイール、タイヤ、サスペンション、ドライブトレインなど、多くのパーツが新規にデザインまたはリデザインされた。

電動オフロードバイク、CAKEの「KALK」
多くのパーツが新規開発された

また、開発では、オフロードバイクのスペシャリストと電動バイクのスペシャリストがその専門知識を持ちあったそうだ。

電動オフロードバイク、CAKEの「KALK」
オフロードバイクの知識と、電動バイクの知識のマリアージュ

価格は1万4,000ドル。日本からの注文も受け付けている。