GSX-Rシリーズのエントリーモデル、新型スズキ「GSX-R125 ABS」

スズキは「GSX-R125 ABS」を1月26日に販売開始する。GSX-Rシリーズのエントリーモデルとなる原付二種スポーツバイク。

エンジンには、水冷・4バルブ・単気筒・DOHCを搭載。GSX-Rシリーズの技術を投入し、最高出力11kW/10,000rpm、最大トルク11N・m/8,000rpmの出力性能と、48.2km/Lの燃費性能を実現した。トランスミッションには、スムーズな出力伝達を可能にする6速タイプが採用されている。

GSX-Rシリーズのエントリーモデル、新型スズキ「GSX-R125 ABS」

デザインは、GSX-Rシリーズを踏襲したフルカウルのスタイリング。車体色「トリトンブルーメタリック」では、「GSX-R1000R ABS」と共通イメージの「SUZUKI」ロゴデザインを採用している。車体色はその他、「ブリリアントホワイト」「ソリッドブラック(半ツヤ)」の計3色のラインナップ。

GSX-Rシリーズのエントリーモデル、新型スズキ「GSX-R125 ABS」

装備としては、前後輪に10本スポークの17インチ大径アルミ製キャストホイールと花弁形状のペータルブレーキディスクを採用。また、前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備している。タンクには、大容量11Lタイプが採用された。

GSX-Rシリーズのエントリーモデル、新型スズキ「GSX-R125 ABS」

メーカー希望小売価格は38万6,640(消費税込み)。