日産車、コンセプトカー「Xmotion」を北米国際自動車ショーで公開

日産は2018年北米自動車ショーで、コンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」を公開した。収納式の「ルーフトップボックス」を搭載している。

日産車、コンセプトカー「Xmotion」を北米国際自動車ショーで公開

「Xmotion」は、2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の一つを示唆するSUV。異なる価値、時代、次元をつなぐデザインがなされており、静かでありながらダイナミック、穏やかでありながらエモーショナル、洗練されていながらタフなクルマとなっている。

日産、コンセプトカー「Xmotion」を北米国際自動車ショーで公開

エクステリアには、Vモーショングリルやブーメラン型ヘッドランプなど、一目で日産とわかるデザインシ グネチャーが採用された。

日産、コンセプトカー「Xmotion」を北米国際自動車ショーで公開

Vモーショングリルは、グリルの幅と奥行きを確保することで、これまで以上に力強さが表現されている。デザインは日本建築からヒントを得たもので、深みのあるカーボンカラーと高い光沢のフィニッシュにより、より印象深いものとなった。

日産、コンセプトカー「Xmotion」を北米国際自動車ショーで公開

ブーメランヘッドランプは鋼の剣を思わせるシャープなライン。ハイビーム、ロービーム、ターンシグナル、ポジショニングランプなど、すべての機能が1つのユニットに統合されている。

日産、コンセプトカー「Xmotion」を北米国際自動車ショーで公開

リアコンビランプは、日本の伝統的な木工である「組子」やパズルからインスパイアされたもの。ホログラム技術による視覚の錯覚を利用して、組子風に見せる手法を採用している。

日産、コンセプトカー「Xmotion」を北米国際自動車ショーで公開

インテリアデザインの出発点は、伝統的な日本の要素と、未来的なテクノロジーの要素を共存させること。日本の伝統的な工法や素材などが、現代の新たな解釈を経て、新しいデザインとして昇華された。

日産、コンセプトカー「Xmotion」を北米国際自動車ショーで公開

日産、コンセプトカー「Xmotion」を北米国際自動車ショーで公開

長いホイールベースと、四隅に配置されたタイヤにより、「4 + 2」のレイアウトを実現している。例えば、2組のカップル+子ども、あるいはペットといった乗員構成に対し、最適な空間を提供可能だ。

日産、コンセプトカー「Xmotion」を北米国際自動車ショーで公開

3列目シートに子どもを乗せた場合、荷物を載せるスペースが不足する。これを補うために、収納式の「ルーフトップボックス」が搭載された。走行時の空力特性を考慮したデザインとしている。

日産、コンセプトカー「Xmotion」を北米国際自動車ショーで公開