日産クロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」

日産自動車は東京モーターショー2017で、100%電気自動車のクロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」を世界初公開した。

日産クロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」
100%電気自動車のクロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」

「NISSAN IMx」は、「日産リーフ」に搭載されている「プロパイロット」をさらに進化させ、ドライバーが運転に一切介在しない完全自動運転を実現したクルマ。「プロパイロットドライブモード(PDモード)」を選択すれば、ステアリングは格納され、シートは深くリクライニングし、乗員全員がリラックスしたまま移動できる。

日産クロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」
「PDモード」を選択すれば、ステアリングは格納され、完全自動運転となる

これにより、愛車をタクシーやハイヤーのように利用可能となる。例えば自動運転でゆったりとした気分で空港に向かい、到着後は「NISSAN IMx」が自動無人運転で駐車場を探して駐車。その後、利用者が旅行や出張から戻る日時に合わせて無人運転で迎えに来る、というようなクルマの使い方が可能になる。

日産クロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」
迎えに来てくれるクルマ!

利用者はクルマの運転を楽しむこともできる。「マニュアルドライブモード(MDモード)」を選択すると、ドライバーの前にステアリングが現れ、シートは適切なドライビングポジションに変化。搭載された知能化技術により、安心してドライビングを楽しめる。

日産クロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」
だが、この車であえてハンドルを握る意味はあるのだろうか?

EV性能としては、一充電あたりの走行距離600km以上を可能とした。長距離ドライブでもバッテリー残量を気にせず、移動を楽しめる。

エクステリアデザインにおける特徴は、ボディカラーのホワイトパールとコントラストをなす「朱色のアクセント」。これは、日本の着物に使われる、内に秘めた情熱を表現する“裏勝り”から着想を得ており、EVの静かでありながらダイナミックなパワーを表現たる。

日産クロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」
エクステリアデザインの特徴は、「朱色のアクセント」

インテリアデザインでの特徴は、伝統的な日本家屋のような雰囲気。例えば、インストルメントパネルやドアトリムは木目調となっており、ヘッドレストは、組木のようなパターンに成形されている。

日産クロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」
インストルメントパネルやドアトリムは木目調

日産クロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx」
ヘッドレストは、組木のようなパターン