クラタスとMegaBotの戦い、10月18日朝から中継
日米ロボット対決
2017年10月18日午前11時からTwitchで中継

日米ロボット対決がついに(やっと?)実現。日本のクラタスと米国のMegaBotの「格闘戦」が、日本時間2017年10月18日午前11時からTwitchで中継されることとなった。

日本にロボット対決を申し込んできた米国のMegaBot
ロボット世界一は日本か?米国か?

日本にロボット対決を挑んできたのは米国のMegaBots。彼らがメカスーツタイプの“人が搭乗して操縦するロボット”を製造しようとしたとき、すでに日本には水道橋重工のクラタスが存在した。米国は日本との開発競争で、一歩リードを許してしまったわけだ。このビハインドを取り返すために、MegaBotsは水道橋重工に対してロボット対決を申し込み、水道橋重工側がこれを受けて今回の対決が実現する運びとなった。

日米ロボット対決、日本時間10月18日朝から中継
日本にロボット対決を挑んできた米国MegaBotsの「MegaBot」
…なぜ、錆びている?

MegaBotsによるMegaBotシリーズは当初、遅く、うるさく、なぜかあちこち錆びていて、とてもクラタスの相手になれるとは思えない代物だった。だがあれから2年あまりが経過し、現在はかなりましなルックスを持つロボットになっている。

日米ロボット対決、日本時間10月18日朝から中継
最新のMegaBots
だいぶそれらしくなった

対戦方法は2015年7月に水道橋重工が公開した動画によれば「格闘戦」となる見込み。動画内で水道橋重工のCEOである倉田光吾郎氏は、「ぶん殴って、倒して勝ちたい」と述べていた。また巨大ロボは日本文化なので、海外に負けたくはないとも語っていた。

水道橋重工のクラタス
挑戦を受けて立った水道橋重工のクラタス

戦いの模様はTwitchで中継された後、YouTube、Facebook、Instagramでも公開される予定だ。

日米ロボット対決、日本時間10月18日朝から中継

さて、今回の戦いの結末いかんによっては、日本国内でクラタスの買い占めが発生し、価格が高騰することも予想される。以前からクラタスの入手を考えていた人は、いますぐ購入した方が良いかもしれない。クラタスは2017年10月17日現在、Amazon.co.jpで1億2,000万円+関東地方への送料が350円で販売されている。なお、ギフトラッピングも利用できるようだ。

Amazon.co.jpで販売されているクラタス