スズキ「バーグマン400 ABS」、国内でも販売開始

スズキは、400ccのスクーター 新型「バーグマン400 ABS」を8月4日に販売開始する。

スズキ「バーグマン400 ABS」、国内でも販売開始

新型「バーグマン400 ABS」は、1998年に発売された「スカイウェイブ400」の全面改良モデル。今回の改良にあたり、名称がグローバルブランド「バーグマン」に変更された。

スタイリングは「バーグマン・クーペ」をコンセプトにデザインされたよりスリムでスポーティーなもの。フロントノーズにはLEDを採用したバーグマンシリーズ共通イメージの左右二灯ヘッドランプが搭載されている。

スズキ「バーグマン400 ABS」、国内でも販売開始

シートはクッションを20ミリ厚くしながらもスリムなデザインとし、ライダーに快適な乗り心地を提供する。バックレストは15ミリまたは30ミリの2段階で調整が可能。ライダーの体格やライディングのシチュエーションに合わせて最適なシートポジションを設定できる。

スズキ「バーグマン400 ABS」、国内でも販売開始

収納スペースも充実。ヘルメット2個を収納できる42Lのシート下トランクスペースと、小物の収納に便利なハンドル下2つのフロントボックスが用意された。フロントボックスの右側コンパートメントには12Vのアクセサリーソケットが装備されている。

スズキ「バーグマン400 ABS」、国内でも販売開始

スズキ「バーグマン400 ABS」、国内でも販売開始

エンジンは低中速トルクを向上させ、二人乗り時でも余裕のある走行を可能にした。エアクリーナーボックスの容量を増やすことで、発進と停止を繰り返すような状況下でも素早いスロットルレスポンスとより力強い加速を実現している。

スズキ「バーグマン400 ABS」、国内でも販売開始

フロントホイールは従来モデルの14インチから15インチに大径化。高い操縦安定性をライダーに提供する。

スズキ「バーグマン400 ABS」、国内でも販売開始

車体色は黒「マットブラックメタリックNo.2」と、白「パールグレッシャーホワイト」の2色展開。グレーは設定されなかった。メーカー希望小売価格79万9,200円(消費税込み)。

スズキ「バーグマン400 ABS」、国内でも販売開始