ウェザーニューズは、「オリオン座流星群」が観測ピークを迎える10月21日の天気傾向を発表した。明日の夜は、寒冷前線が通過するため全国的に雲の広がる所が多く、広い範囲で厳しい条件となりそうだとしている。

■オリオン座流星群とは?

オリオン座流星群の母彗星はハレー彗星。オリオン座のすこし左が放射点となる。全流星群の中では速度が2番目に早く、明るい流星が多く見られるのが特徴。今年の出現のピークは10月22日1時頃。月が沈んでいるため、天気が良ければ良好な観測条件となる。

「オリオン座流星群」、明日(10月21日)観測ピーク! ― ウェザーニューズが最新の天気傾向を発表
オリオン座流星群放射点(出典:ウェザーニューズ)

■10月21日の天気は?

10月21日から22日朝にかけては寒冷前線が通過するため、全国的に雲の広がる所が多くなりそう。特に、前線本体の雨雲が広がる中国地方や北陸などの日本海側、東北地方での流星観測は難しい予想だ。


オリオン座流星群観測可能地域(出典:ウェザーニューズ)
オリオン座流星群観測可能地域(出典:ウェザーニューズ)
*クリックしてウェザーニューズの「流星見えるかなマップ」に移動

その中で比較的条件が良い地域は、前線の通過が早い北海道や前線から離れた九州南部、沖縄・奄美。特に沖縄は天気に恵まれ、良い条件で観測できそう。

関東南部も前線の通過前で、南風が吹くことにより雲に隙間ができやすく、隙間から流れ星を狙うことができそう。

なお、前線通過に伴い、北から強い寒気が流れこむことが予想される。特に、北海道では翌朝にかけて氷点下の冷え込みとなる地域もありそう。外で流星観測をする場合は、万全な防寒対策が必要となる。

なお、今回公表された情報は10月20日時点での予報をもとした見解となっている。最新の情報については、同社の PC 向けサイトスマートフォン向けサイト 、およびスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」で確認されたい。

■「オリオン座流星群」を生中継!

24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、21日夜(事前番組は22時から、流星中継は23時から25時)に全国7か所からリアルタイムに流星の様子を生中継する特別番組を予定している。番組は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」やテレビ(BS 910Ch)、PC 特設ページ「オリオン座流星群 2014」、YouTube やニコニコ生放送から無料で視聴できる。