ホビヲノエのメインビジュアル
絵柄は風変わりだ

資料やパンフレットなどに無料で使えるイラストが大量にそろった「いらすとや」。今やその作品は、インターネット上でも街角でも強い存在感があるが、新たに追随するような取り組みが始まった。「ホビヲノエ」だそう。

「はてな」や「Twitter」などで活動する「ホビヲ」という人が、いらすとやに憧れて立ち上げた。絵柄は独特だ。

はてなには、「ホビヲノエ」を立ち上げた理由として、次のような声明が載っている。

“無料イラストといえば「いらすとや」、フリー素材といえば「いらすとや」。いらすとやのイラストを目にしない日はない。サイトは、10,000点以上のかわいいイラストであふれている。素敵すぎる。まねすることにした”

ホビヲノエの利用規約では、いらすとやをもとに、掲載イラストを誰でも無料で使えるとしつつ、著作権は放棄せず、公序良俗に反する行為、そのまま再配布、販売する行為などは禁じている。

本家いらすとやはネット上で高い人気を誇るだけに、この試みは早速ソーシャルブックマーク「はてなブックマーク」などで話題になっている。

いらすとやのように時世に即した作品を長期にわたって安定して生み出してゆくのは至難であろうが、本当に可能ならば、ネット上で尊敬と人気をかちえるに違いない。

いらすとやのメインビジュアル
本家「いらすとや」皮肉なユーモアも魅力だが、量・質の充実が人気の理由だ

ところで今後ほかにも、いらすとやに続こうという勇気あるクリエイターは登場するだろうか。