FASTENING DAYSのスクリーンショット
「ファスナー」を操るヒーローが登場する(出典:YKK Global)

衣服やかばんにつける「ファスナー」を操るヒーローが主人公のアニメ「FASTENING DAYS」がYouTubeなどで人気だ。メーカーのYKKが制作し、無料で公開している。美しい色彩や分かりやすい物語、一見すると身近で地味なものに新しい光を当てた着想が目を引く。



あらすじは、何でも閉じたりつないだりできる不思議なファスナーを発明した子ども達がヒーローに変装し、壊れたものを修理したり、喧嘩するおとなを仲直りさせたりと人助けをするうち、やがて自分の家族の大切さにもあらためて気づく、という内容。

制作したYKKは大手ファスナーメーカーで、窓サッシなどで知られるYKK APをグループ会社に持つ。アニメは製品の宣伝をかねて公開しており、作中のあちこちにYKK製品をモデルにした小道具がさりげなく登場するが、いわゆるCMの雰囲気は薄い。

監督には人気インターネットアニメ「フミコの告白」を手掛けたスタジオコロリドの石田祐康氏、エンディングテーマには人気アイドルグループ「Perfume」を起用し、日本で注目を集めただけでなく、海外でも好評を博している。

2014年に公開した第1作は、YouTubeでの視聴数が日本語版で48万回、英語版で339万回となっている。フランス語、スペイン語、簡体/繁体中国語の字幕も用意するなど熱心な多言語対応も奏功したのだろうか。

2016年7月末に公開した第2作も好調で、 視聴数は日本語版で17万回、英語版で265万回。8言語に対応している。

またアニメを公開するだけでなく、特設サイトやFacebook、Twitterを活発に更新している点も興味深い。