アビスマーメイドの実演
とても美しいがハラハラする

とても美しいが、実際に泳ぐのはかなり大変ではないかと心配になる水着「AbyssMermaid(アビスマーメイド)」の新シリーズが日本で販売中だ。


2015年に100個限定で販売し1か月で完売。Instagram(インスタグラム)などで話題になった。今回は三日月形のヒレの「ムーン」と、ヒラヒラしたヒレの「ドラゴン」が加わったそう。

アビスマーメイドのデザイン。
アビスマーメイドのデザイン。これで泳ぐのは大変そう

モノフィンという大きな1枚板のヒレに両足を入れ、イルカや人魚のような泳ぎ方をする。1時間程度練習するだけで、クロールよりも早く泳げるようになるそうだが、もし泳ぎにかなり自信がある人が試すとしても、十分に安全を確保する必要がありそうだ。

日本でアビスマーメイドを取り扱っているのは神奈川県のPANDORAという企業。この会社が推奨する水泳技能は次の通り。

30秒あおむけで水面に浮いていられるのはもちろん、あおむけからうつ伏せに体勢を変えても浮き続けられ、25m泳げるだけでなく、「ドルフィンキック」を習得済みで、息つぎぎもしっかりできること。

また注意点はほかにも多々ある。例えば1人ではなく必ず誰かと組になる「バディシステム」をとること、子どもが着る場合は6歳以上で、保護者の監視がつくこと、足のつく深さでだけ使うこと、30分に1回程度をめやすに休憩すること。

アビスマーメイドの見本写真
美しい見本写真。ただし普通の人は足の届かない深さで使うのはNG

浮力のある商品ではなく、海や川で使う場合は流れが強いときや荒れているところでは避けるべきとしている。