イノベーション東北のスクリーンショット
熊本・大分で進行中のプロジェクトと人材をマッチング

地震で大きな被害を受けた熊本・大分両県で、復興に協力する人材などを募集する特設サイトを、Googleが公開している。

Googleが、東日本大震災の復興支援をきっかけに立ち上げたクラウドマッチングサービス「イノベーション東北」の一部を拡張し、熊本・大分の特集を組んでいる。

地震で被災した熊本・大分県内の事業者や非営利団体によるプロジェクトを紹介し、それぞれが求める人材などを募集している。

例えば熊本市内の3人の事業主が立ち上げた団体「Bear Book」は、被災後、消費が低迷している街の小売店や熊本在住のアーティストや生産者を紹介するために、Webサイト制作の技能を持つ人材を募集している。

あるいは観光地として有名な大分の由布院では、震災後に訪れる人が激減する中、映画の上映会を通して、再訪のきっかけをつくりたいとして、上映する映画のアイディアを募集している。