富士通は、愛犬見守りサービス「わんダント2」の提供を発表。IoT技術の活用により、飼い犬の状態を細やかに把握できるとしている。提供開始時期は4月下旬、価格はオープン。

お留守番のわんこをスマホで見守ろう
お留守番のわんこをスマホで見守ろう

わんダント2は、飼い犬の首輪に装着するセンサー「ユビキタスウェア わんダントチャーム」と、内蔵カメラで室内を撮影する「同 わんダントステーション」を活用したサービス。専用アプリを使って留守宅にいる飼い犬の様子を確認したり、直近30分の行動データをもとに飼い犬の“気持ち”を把握したりすることができる。「わんダントステーション」と「わんダントチャーム」に内蔵された温湿度センサーにより、室内や飼い犬の首周りの温度・湿度を確認することもできるそうだ。


愛犬の行動を細かく確認
愛犬の行動を細かく確認

そのほかに、日々の活動データをもとに飼い犬の“幸せ度”を算出する機能や飼い主同士で交流できるSNS機能などが提供される。