3月11日。東日本大震災から5年の節目を迎えるにあたり、Twitterはあらためて当時と現状について思いを共有する取り組みを始めた。「#5年目」というハッシュタグをつけてツイート(投稿)するよう呼びかけている。

「#5年目」というハッシュタグを付けてツイートをすると、白いガーベラを持ったハトの絵文字があらわれる。このハッシュタグをタップまたは検索するとほかの人が震災に関するツイートも見られる。

白いガーベラは花言葉で「希望」の意味を持つため、Twitterの日本法人が選んだという。それぞれの人が立ち止まって復興を考える機会の場として、ツイートを利用して欲しいとしている。

なお、Twitterはほかにも、今後の災害に備えたさまざまな取り組みを発表している。