Facebookの告知。ニュースフィードで見た人も?
Facebookの告知。ニュースフィードで見た人も?

3月8日は「国際女性デー」。GoogleやTwitter、Facebookといったインターネット企業が、それぞれ持ち味を出して祝っている。

国際女性デーは100年以上も前、米国で婦人参政権を求めて運動が起きたという歴史上のできごとがきっかけ。今では欧米だけでなく、ロシアをはじめとする旧東側や発展途上国でも色々なイベントがある。日本でも実は戦前から祝っていた記録がある。1977年には国連が3月8日を正式に国際女性デーと定めた。

最近はネット上で毎年趣向をこらしたイベントが登場するようになり、見ていて面白い。Googleは例によってトップページのロゴを変更。世界各国のさまざまなファッションの女性が登場し、それぞれメッセージを語る動画を紹介している。Facebookもニュースフィードに「今日は国際女性デーです!」としゃれたイラストを掲載した。

Googleは世界中の色々なファッションの女性が夢を語る動画でお祝い
Googleは世界中の色々なファッションの女性が夢を語る動画でお祝い

Twitterは4月から始まる「女性活躍推進法」とからめて、職場や家庭で頑張る女性について考えてみようと呼びかけている。

Twitterは「女性活躍推進法」ともからめて取り上げた
Twitterは「女性活躍推進法」ともからめて取り上げた

もっとも国際女性デーは、日本ではまだ一部が祝うのみで、企業も個人もそこまで多数が参加してネット上で楽しんでいる、という訳ではない。

例えばヤフーやLINEに、この日に合わせて何か面白い企画をしていないかと問い合わせたところ、いずれも「特にない」というあっさりした回答だった。

国際女性デーといっても、祝う文化や習慣がなく、何をしたらいいか分からないと参加しづらく、盛り上がりにくいのかもしれない。イタリアでは女性の友達や恋人、家族などに「ミモザ」の花束を贈って敬意を示すそうだが、日本ならでは、あるいはネットならではの素敵な祝い方というのはあるだろうか。