12.5型 Windows タブレットとしても使える、約699グラムという軽さのデタッチャブルウルトラブックが、3月13日に発売になる。

東芝の「dynabook R82」2モデルで、12.5型の高精細フル HD(1,920×1,080ドット)液晶を搭載する。キーボード部から液晶画面を取り外すと、世界最軽量(東芝による)の Windows タブレットになる。


液晶画面はスライドレバーで脱着できる。液晶画面とキーボード部の接続部品には強度の高いアルミ合金を採用、脱着しやすく、しかも壊れにくい。キーボード部は1.5ミリのキーストロークを確保したほか、キートップの中央に約0.2ミリのくぼみを設け、入力をしやすくした。

また、HDMI や USB 3.0 に加え、有線 LAN、RGB などのインターフェイスもある。

さらに、ブルーレイレコーダー「レグザブルーレイ」で受信する放送中の番組や録画番組を、インターネット経由で楽しめる番組視聴アプリ、「TV コネクトスイート」を搭載する。

そのほか、自社開発のキャプチャアプリ「TruCapture」、ボイスレコーダーアプリ「TruRecorder」に加え、デジタイザーモデル(ペン入力対応)には手書きノートアプリ「TruNote」が搭載される。

タブレットにもなる、軽いデタッチャブルのダイナブックが発売
「dynabook R82」