パナソニックは、複数の照明器具による"あかり"を「シーン」として記憶し、ワンタッチで再現する小型記憶調光システム「ライトマネージャーFx」の2品種を6月1日に発売する。税抜き価格は、記憶式4回路の「NQ28841」が9万8,000円、記憶式6回路の「NQ28861」が 12万8,000円。

シーンに合わせて照明を一括操作する記憶調光システム「ライトマネージャーFx」発売、今度は LED にも対応
ライトマネージャー Fx 親機の操作パネル

従来機とは異なり、白熱灯だけでなく、LED 照明器具や連続調光インバータ照明器具とも直接接続して調光できる。


4パターンの明るさで部屋の表情は様々に変化する
4パターンの明るさで部屋の表情は様々に変化する

同製品は、4種類のあかりのシーンを記憶できる。あらかじめシチュエーションや時間帯に応じたあかりのシーンを設定しておけば、「シーン選択ボタン」を押すだけで複数の調光器が一括で操作され、記憶したシーンを再現する。ゆっくり明るさを変化させるなど、切り替え時間も設定可能だ。