2010年から行われてきた、プロ棋士とコンピュータ将棋「あから」が対決するプロジェクトが、今年で終了する。

「あから」は、情報処理学会が創立50周年(2010年)を記念してトッププロ棋士に勝てるコンピュータ将棋の実現を目指したプロジェクトで、正式名称は「コンピュータ将棋『あから』強化推進委員会」。


将棋連盟の協力で、5年前の2010年10月11日に、清水市代女流王将(当時)とコンピュータ将棋「あから2010」が対局、「あから2010」が勝利した。その後、さまざまなイベントでプロ棋士とコンピュータ将棋が対戦、コンピュータ将棋が互角以上の結果を残しているそうだ。

コンピュータはプロ棋士より強いと証明された―「あから」終了宣言
「あから2010」

そこで、トッププロ棋士とコンピュータ将棋のと対戦は実現していないが、事実上プロジェクトの目的を達成した、と判断し、プロジェクトを終了する。