睡眠総合サービス「Sleep Styles」が、3月18日から開始される。眠りに関するヒントや知見を集約した Web サイト「Fuminners(フミナーズ)」、睡眠状態の見える化を通して快眠へとつなげる「睡眠支援アプリ」、睡眠関連のセミナーやイベントなどの「場の提供」の3つのソリューションからなる睡眠に関する総合的なサービスを、帝人が提供する。

睡眠総合サービス「Sleep Styles」
睡眠総合サービス「Sleep Styles」

睡眠情報メディア「Fuminners(フミナーズ)」は3月末開始予定。著名人の眠りに関するインタビューや、専門家監修による「眠りのQ&A」および「睡眠のイロハ」  などが掲載される。
 
日誌形式の睡眠記録アプリは4月に開始予定。日々の睡眠の状態を日誌形式で入力することで、すっきり起きられることを目指す。


またマルチデバイス対応の睡眠記録アプリは、5月開始予定。ワイヤレスアクティビティトラッカー「UP」シリーズなど、複数のウェアラブルデバイスに対応した睡眠記録アプリ(iOS/Android 対応)を提供する。5月には、このアプリを活用したユーザー参加型の睡眠喚起キャンペーン「日本ノ睡眠ヲ解明スル!」を開始予定で、キャンペーン参加者の睡眠データを独自に調査・分析し、結果を公開するという。