強烈!ピッカピカの名古屋城がめじるしの無料Wi-Fi「NAGOYA Free Wi-Fi」
ぴっかぴか

スマートフォンの通信量を気にせずインターネットにつなげる無料の「公衆Wi-Fiサービス」。今やあちこちで整備が進んでいるが、その中でも名古屋市の「NAGOYA Free Wi-Fi」は目を引く。抜群に目立つロゴで個性を主張しているからだ。

公衆Wi-Fiは、旅行中にネットを使いたい際などに、スマートフォンから簡単な設定をするだけで接続でき、普段契約している携帯電話会社のプランと別に利用できる。通信量の残りに不安がある場合も、自由に検索をしたり、TwitterやFacebookに写真を投稿したりすることが可能。


色々な街が観光を盛り上げるため導入し、無料で開放しているが、意外と存在に気づかず損をしている人もいるかもしれない。

ただ11月21日から名古屋市交通局が地下鉄85駅に導入する「NAGOYA Free Wi-Fi」については、その恐れはなさそうだ。使える場所にはさんぜんと輝くステッカーが貼ってあるからだ。しゃちほこも見事な名古屋城の勇壮なシルエット、まばゆい金色。さらには、くっきりした文字でサービス名が書いてあり、駅の柱などで見かければ強烈な印象を残すこと間違いなしだ。

NAGOYA Free Wi-Fiは、KDDIグループのWi2(ワイヤ・アンド・ワイヤレス)の設備を利用しており、1回の接続で30分間、1日何回でも無料でネットにつなげる。対応言語は日本語、英語、ハングル、中国語(繁体字/簡体字)、タイの6言語。

使い方は、スマートフォンのWi-Fi設定画面からSSID「00 Nagoya Free Wi-Fi」を選んでWebブラウザを立ち上げ、自分のFacebook、Twitter、Google、Yahoo!JAPANいずれかのアカウントでログインする。またはメールアドレスを入力し、折り返し受信したメール内にあるコードを入力してログインする。

なお、 NAGOYA Free Wi-Fiはこの7月から名古屋市を循環する観光バス「メーグル」の車内や3つの観光案内所でも利用可能になっている。