「Covidisor」は頭から被るマスク。新型コロナウイルス感染症の流行が続く中で、従来通りのオフィスワークや学校生活を継続するためにデザインされました。

頭から被るマスク「Covidisor」 オフィスで新型コロナウイルス感染症の流行前と同じように働きたい人に
「Covidisor」は頭から被るマスク
やっぱりオフィスで働きたい!という人向けに開発

考案したのはニューヨーク在住の起業家Haz emさん。Haz emさんによれば、米国では新型コロナウイルス感染症のため、オフィスのレイアウトやエレベーター定員数変更が余儀なくされているところもあるそう。そのせいでオフィス維持コストが増大したり、社員の作業効率が落ちているところもあるそうです。


「Covidisor」 はこの問題を解決するマスク。口元や鼻、目を守るだけでなく、頬や髪の毛にウイルスが付着するのを防げます。社員全員が装着すれば感染症の流行前と同じように振舞えるので、オフィスレイアウトなどを変更しなくても済みます。

頭から被るマスク「Covidisor」 オフィスで新型コロナウイルス感染症の流行前と同じように働きたい人に
以前と同じようにオフィスで働けます
もちろん電話だって…。

球形のシェルはポリカーボネート製。フロント左右に吸気用、リアには排気用のフィルターが装備されており、クリーンな空気を内部に吸い込み、フィルタリングされた呼気を外部に排出して、感染の拡大を防ぎまます。リアフィルターにはファンが装備されていて「Covidisor」内部でフロントからリア方向に向けた空気の流れを生成。内部に呼気がこもることはないのだとか。

頭から被るマスク「Covidisor」
ファンがフロントフィルターからリアフィルターへの空気の流れを作ります

頭から被るマスク「Covidisor」
専用バッテリーで稼働
バッテリーは男性用ズボンのポケットに入るサイズ

一般的なマスクのように、顔の一部を隠すことがないというメリットも「Covidisor」にはあります。スマートフォンやPCを、顔認証でスムーズにロック解除できます。

頭から被るマスク「Covidisor」
顔認証が使えます

ドリンクを飲む際にはフィルターのうちの1つを外し、ドリンクコネクター経由でストローを挿せる仕様。喉が渇くたびに「Covidisor」を取り外す必要はありません。

頭から被るマスク「Covidisor」
ストローが頬に刺さっているように見えますが
多分、気のせいです

Haz emさんは現在、「Covidisor」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集のキャンペーンを実施中。キャンペーンでは245ドルの出資+送料などで、「Covidisor」のフィールドテストユニットを1個入手できます。出荷は2020年の8月頃。フィールドテストユニットではありますが、ストローを挿すドリンクコネクターはちゃんと装備されています。