ノートPCのHDDをデータごとSSDに換装する簡単セット「ESD-IB」

ノートPCに内蔵している2.5型内蔵HDDを、データごとSSDに簡単に換装できるというセット「ESD-IB」シリーズをエレコムが2月上旬に発売する。

セットの内容は、まず読み込み最大500MB/s、書き込み最大430MB/sのSATA接続2.5型SSD。それに交換したあとのHDDを再利用するための変換ケースや、データ移行アプリケーションなどが付属する。

3手順で作業を完了できるとエレコムではうたっている。初めにWebサイトからデータ移行アプリ「HD革命 Copy Drive Lite」をノートPCのHDDにダウンロード、インストールし、SSDへまるごと中身を複製したあと、筐体を開いて実際の交換を完了。あとはノートPCを起動してすぐに今までどおりに使えるとのこと。

SSDの厚みは7mm。もし内蔵HDDの厚みが9.5mmだった場合は、変換スペーサーを使って調整できる。取り出したHDDは変換ケースに入れればデータディスクとして使える。なおUSB3.1 Gen1(USB3.0/2.0互換)ケーブルも付属する。

このほか、セキュリティアプリケーション「IKARUS(イカロス)for Windows」の1年版ライセンスも付属する。

希望小売価格はストレージ容量240GBの「ESD-IB0240G」が1万3,608円(税込、以下同じ)、480GBの「ESD-IB0480G」が2万4,710円、960GBの「ESD-IB0960G」が4万1,375円。