オーディオケーブルとして「MPA-C35L」

スマートフォンなどの音声をカーステレオに接続して再生するオーディオケーブルとして「MPA-C35L」など3タイプをエレコムが12月中旬より発売する。

Androidスマートフォンやタブレット、携帯メディアプレーヤーなど直径3.5mmステレオミニジャック搭載の機器をAUX端子に接続して楽曲を再生できる。

耐熱に優れた素材を採用しており、高温になることの多い車内でも安心して使えるとのこと。ケーブルには、信号劣化の少ないOFC99.99%(無酸素銅)を採用。信号のゆがみや伝送ロスを抑えることができ、きれのある音質を再現できる。

端子部分は、接触抵抗が小さく、経年劣化によるサビなどに強い金メッキしあげ。車内で常時ケーブルをセットしておくことを考慮し、未接続時にケーブルを固定できるケーブルホルダーが付属する。ケーブルホルダーは付属の両面テープを使って、好みの場所に取り付けられる。なおコネクターはスマートフォンやメディアプレーヤーのケースに干渉しにくい小型となっている。

「MPA-C35L」シリーズは、スマートフォンなど音源となる出力側は、厚みのあるケースなどを装着していても接続できるストレートプラグを、カーステレオ側はかさばらないL型プラグをそれぞれ採用。入力側と出力側を逆に接続しても使える。長さは50cmと1m、カラーはブラックトレッドの2種類。希望小売価格は価格は50cmが940円(税込、以下同じ)、1mが1,080円。

「MPA-C35LL」シリーズは、両端ともプラグの飛び出しを最小限にし、邪魔になりにくいL型プラグを採用。長さは50cmと1m、カラーはブラックのみ。価格は50cmが1,080円、1mが1,220円。

「MPA-C35CL」シリーズは使用時の状況に合わせてケーブルが伸び縮みするカールケーブルタイプ。未使用時はケーブルが縮んでコンパクトに収納できる。両端のプラグの形状は、スマートフォンなどの出力側にストレートプラグ、カーステレオ側にL型プラグを採用する。価格は1mが1,501円、1.5mが1,642円。