ホンダは「CRF1000L Africa Twin」の装備を充実させ、4月2日に販売開始する。また、大型のフューエルタンクなどを装備した新モデル「Adventure Sports」を追加する。

ホンダ アフリカツインに「スロットル・バイ・ワイヤ」追加
装備がより充実したホンダ「CRF1000L Africa Twin」

「CRF1000L Africa Twin」の開発コンセプトは「日常から夢の大地まで安心して楽しめる本格アドベンチャー」。市街地や高速道路、郊外のワインディングロードから未舗装路まで、さまざまな道を走破できるアドベンチャーモデルとして開発された。ホンダ独自の二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」をタイプ設定するなど、先進技術を搭載している。

ホンダ アフリカツインに「スロットル・バイ・ワイヤ」追加
DCT搭載車「CRF1000L Africa Twin <デュアル・クラッチ・トランスミッション>」

今回、ホンダは「CRF1000L Africa Twin」のパワーユニットに、スロットルグリップ開度をセンサーで検出し、スロットルバルブ開度をモーターで制御する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を採用した。また、マニュアルトランスミッション仕様車には、変速時のクラッチ操作とスロットル操作を不要とした「クイックシフター」をオプション設定している。

ホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC)のセッティング幅を拡大した。7段階のトルクコントロールと、トルクコントロールを必要としないOFF状態の選択を可能とした。

さまざまな走行状況でライダーの好みに応じたエンジン出力特性を選択できるライディングモードを採用している。スロットル操作に対するスロットルバルブの開度とエンジンブレーキ、HSTCの介入量を切り替えることにより「Tour(ツアー)」「Urban(アーバン)」「Gravel(グラベル)」の3モードと、ライダーの好みに設定された「User(ユーザー)」モードの計4モードが選択可能となった。

その他、急ブレーキ時にウインカーランプが高速点滅する事で急減速状態を後続車に知らせる「エマージェンシーストップシグナル」を採用している。

メーカー希望小売価格は、「マットバリスティックブラックメタリック」が138万2,400円で、「パールグレアホワイト」「グランプリレッド」が141万4,800円。デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)搭載車は、「マットバリスティックブラックメタリック」が149万400円で、「パールグレアホワイト」「グランプリレッド」が152万2,800円(価格はいずれも消費税込み)。

ホンダ アフリカツインに「スロットル・バイ・ワイヤ」追加
マットバリスティックブラックメタリック

新モデル「Adventure Sports」では、1988年に発売された初代アフリカツイン「XRV650」の生誕30周年を記念して、フューエルタンク上部に専用ステッカーを配した。また、「XRV650」のカラーリングをイメージした専用カラーを採用している。

ホンダアフリカツインニューモデル「Adventure Sports」
ホンダ アフリカツインニューモデル「Adventure Sports」

フューエルタンクは24Lの大型なもの。「CRF1000L Africa Twin」よりも6L大きく、航続距離を延伸できる。大型ウインドスクリーンの採用と相まって、ロングツーリングをより快適にした。

ホンダ アフリカツインニューモデル「Adventure Sports」
大型ウインドスクリーンを採用

ストローク量を伸長させた専用サスペンションを採用。最低地上高をベースモデルの250mmから270mmへと変更し、オフロード走行時の走破性を向上させた。不整地での飛び石などからエンジンを保護する大型のスキッドプレートも装備されている。

ホンダ アフリカツインニューモデル「Adventure Sports」
大型のスキッドプレートを装備

ニューモデル「Adventure Sports」のメーカー希望小売価格は155万1,960円。デュアル・クラッチ・トランスミッションを搭載したタイプは165万9,960円(価格はいずれも消費税込み)。