ウェザーニューズは1都6県で花粉シーズンに突入したと発表した。東京都では、平年(2008年~2017年平均)より12日遅いシーズン入りとなった。

■1都6県で花粉シーズンに突入

ウェザーニューズによれば、15日までに同社の花粉観測機『ポールンロボ』が、東京都、埼玉県、神奈川県、茨城県、群馬県、千葉県、静岡県で基準を超える花粉飛散量を観測したという。今後も飛散が徐々に増える見通しであることから、花粉シーズンに突入したと発表した。

ウェザーニューズが第三回花粉飛散傾向を発表!

花粉シーズンの開始時期は、寒気の影響を受けて各地とも昨年・平年よりも遅く、東京都では「昨年より16日遅く、平年より12日遅い」花粉シーズンの開始となった。

スギの雄花は暖かくなると花を開いて花粉を飛ばし始める。今シーズンは、平年よりも気温の低い日が多く、特に1月下旬から記録的に強い寒気の影響を受けて各地で厳しい寒さとなった。だが2月になって寒気が緩んだことで気温が上がり、スギ花粉の飛散シーズンに突入したものと考えられる。

■飛散開始予想

2月下旬は気温の変動が大きくなり、厳しい寒さになる日もあるが、春の気配を感じる暖かさになる日もある。このため、西・東日本では花粉シーズンに入るエリアが拡大しそう。

ウェザーニューズが第三回花粉飛散傾向を発表!

その後、3月に入ると暖かい日の比率が高まるため、大雪に見舞われた北陸や東北南部でも3月上旬に花粉シーズンに入る予想。

■飛散ピーク予想

花粉シーズンがスタートした後、1週間から10日くらいで本格的な花粉シーズンに突入する。スギ花粉のピークは、関東など早い所で2月下旬から、西・東日本の広範囲で3月上旬~中旬、東北では3月中旬~4月上旬の予想。

ウェザーニューズが第三回花粉飛散傾向を発表!

3月が終わりに近づくとスギ花粉のピークは越え、代わって西日本からヒノキ花粉の飛散が増えていく。九州や東海、関東では3月下旬~4月上旬、中国や四国、近畿では4月上旬~中旬にヒノキの花粉飛散量がピークとなる予想。

ウェザーニューズが第三回花粉飛散傾向を発表!

シラカバ花粉が飛散する北海道では、道南・道央はゴールデンウィーク前後、道北・道東は5月中旬に飛散ピークを迎える予想。

■飛散量予想

2018年のスギ・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、全国で平年の65%となる見込み。東日本を中心に平年の50%未満となる地域が目立つ。特に、記録的な日照不足となった関東は、東京都で平年の50%、茨城県では平年の28%となる予想。全国的に花粉飛散量が多かった2017年シーズンと比べると、三重県や静岡県、関東北部では50%未満と、大きく下回る予想となっている。

一方、九州北部や青森県、北海道(シラカバ花粉)では、平年の110%以上と飛散量が多くなる地域も。

最新の花粉予報や花粉観測データについては、ウェザーニュースWebサイト内の「花粉Ch.」を参照されたい。