ウィスキー樽で作った木製自転車「Glenmorangie Original」

米国ポートランドに本拠を置く自転車メーカーRenovo Hardwood Bicyclesが、シングルモルトスコッチウィスキーを製造するGlenmorangieとパートナーシップを組み、木製自転車「Glenmorangie Original」を開発した。

ウィスキー樽で作った木製自転車「Glenmorangie Original」
Renovoによる木製自転車「Glenmorangie Original」

「Glenmorangie Original」は、Renovoのデザイナーがウイスキー樽の形状からインスパイアされてデザインした自転車。Glenmorangieで実際にウイスキー製造に使われた樽をばらし、その木材をフレーム素材として使用している。

ウィスキー樽で作った木製自転車「Glenmorangie Original」
ウイスキー樽の形状からインスパイアされたデザイン

ウィスキー樽で作った木製自転車「Glenmorangie Original」
ウイスキー製造に使われた樽をフレーム素材として再生

ウイスキーは樽の中で長期間寝かされ、熟成される。この際、樽材や内面の焼き方、貯蔵環境によって様々な色合いや味わいを得る。

ウイスキー樽を素材としてフレームを製造された木製自転車「Glenmorangie Original」も、ウイスキー同様に、一台一台異なる味わいの仕上がりになるという。

ウィスキー樽で作った木製自転車「Glenmorangie Original」
一台一台異なる味わいの仕上がり

価格はシマノアルテグラグループセットが搭載された「ローンチエディション」が6,950ドル。フレームとして再生可能な樽の数に制限があるため、数量限定での販売となる。受注生産のため、手元に届くまでには6週間程度かかるそうだ。また、シマノの新型電動コンポーネント デュラエースDi2を搭載した「プレステージエディション」も用意されており、こちらは1万1,450ドルで入手できる。

ウィスキー樽で作った木製自転車「Glenmorangie Original」
シマノアルテグラグループセットが搭載された「ローンチエディション」