懐かしいゲーム音楽を集めたデジタルアルバム「RETROGRESSION: VOL.1」

『テトリス』『スーパーマリオ』などの懐かしいゲームの音楽を集めたデジタルアルバム「RETROGRESSION: VOL.1」が発売された。演奏しているのは『Metroid Metal』などで知られるSTEMAGE氏で、すべての楽曲がリバース演奏されている。



各楽曲はリバース演奏されているにも関わらず、それ自体独立して聴けるものに仕上げられており、音楽として十分に楽しめる。また聴取中にはときに、オリジナルのゲーム音楽が頭の中で鳴り、懐かしい気持ちになることもある。

STEMAGE氏はこのミニデジタルアルバムを製作した理由について次のように述べている。

「ゼルダのファンなら知っていることだが、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』のテーマ曲は、ゼルダの子守唄をリバース演奏したものだ。

任天堂がこの決断をした背景に、どのような考えがあったのかはわからない。2つの曲の間に物語上のつながりがあるようには見えない。だが私はある音楽のテーマとなるメロディをいじってみたり、耳慣れたリフの音を変えたりして楽しみながら、新しいアイディアを見出すことがある。おそらく、任天堂の選択も同じようなものではないだろうか?」

こう考えたSTEMAGE氏は、リバース演奏に堪える曲を探すため、多くのファミコンゲームの音楽をリバース演奏してみたという。興味深いことに、非常にキャッチーでリバース演奏に適していると思えた曲のいくつか、例えば『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』の音楽は、実際に演奏してみるとつまらなかったそうだ。

収録されているのは、『スーパーマリオブラザーズ』のテーマをリバース演奏した「1.Sorb Oiram Repus」、『パンチアウト!!』をリバース演奏した「2. Tuo Hcnup」、『魔界村』をリバース演奏した「3.Snilbog n' Stsohg」、そして『テトリス』をリバース演奏した「4.Sirtet」の4曲。その他、各楽曲を通常演奏したのちに逆再生した「5.Sirtet (reversed) 」「6.Snilbog n' Stsohg(reversed)」「7.Tuo Hcnup(reversed)」「8.Sorb Oiram Repus(reversed)」も録音されている。

楽曲の一部はYouTubeでも公開されており、再生回数で見ると人気1位は『スーパーマリオブラザーズ』をリバース演奏した「Sorb Oiram Repus」で、2位が『テトリス』をリバース演奏した「4.Sirtet」となっている。この中で、「4.Sirtet」は静かなアコースティックギター曲でBGMにも適しており、人気の理由がわかる仕上がり。かつてテトリスにはまった人には、一度はぜひ聴いてほしい。