ニュートンの雑誌表紙

科学読み物雑誌「Newton(ニュートン)」は版元が民事再生手続きに入ったが、TwitterやFacebookを通じて出版を続けるとあらためて宣言。同じ科学を扱う雑誌である「日経サイエンス」もTwitterを通じて激励した。


帝国データバンクによると、ニュートンの版元は販売部数の減少をはじめさまざまな要因から2月20日に民事再生手続きを申請した。

1981年創刊の同誌は、科学に関するさまざまな話題を豊富なイラストも交えて分かりやすく解説し、親に買ってもらったり、図書館に通ったりして毎号読んで大きくなったという人も少なくない。今後はどうなるのかと心配の声も上がっている。

そうしたなか、ニュートンはTwitterやFacebookで「出版も含め,継続して事業を行っていきますので,ご支援のほど何卒よろしくお願いいたします」と投稿。読者や元読者が応援の言葉をかけている。


日本経済新聞社傘下の日経サイエンスも、同じ科学を扱う雑誌として「Newtonさん,がんばってください!まだまだ一緒に科学のおもしろさ,楽しさを伝えていきましょう」と激励している。