総務省による注意喚起
総務省が明らかにしている

サイバー犯罪はじわじわと高度化している。今度は「NTTコミュニケーションズ株式会社」の名を騙り、ウイルス除去ツールを案内する偽メールが登場した。総務省が明らかにした。

偽メールの題名は、例えば「【重要】総務省共同プロジェクト コンピューターウィルスの感染者に対する注意喚起及び除去ツールの配布について」などとなっている。

文面はウイルス除去ツールのダウンロードを案内しているが、指示に従うとマルウエア(悪意あるソフトウエア)に感染することが判明しているそう。添付ファイルを絶対に開かず、破棄するよう求めている。また題名、本文情報などが異なる類似のメールが存在する可能性があるので注意してほしいという。

NTTコミュニケーションズからこうしたメールを発信することはないとしている。