ホイールの中に荷物を積める自転車「CYCLOTRON BIKE」

「CYCLOTRON BIKE」は、スポークもハブも持たない自転車。映画『トロン:レガシー』の「ライトサイクル」のような、一見未来的なルックスを持つこの自転車は、実際にはとても家庭的な機能を持っている。

『トロン:レガシー』の「ライトサイクル」みたいな自転車「CYCLOTRON BIKE」
スポークもハブも持たない自転車「CYCLOTRON BIKE」
映画『トロン:レガシー』の「ライトサイクル」に似たルックス

参考画像:映画『トロン:レガシー』に登場する「ライトサイクル」(レプリカ)
参考画像:映画『トロン:レガシー』に登場する「ライトサイクル」(レプリカ)
似てる?

スポークやハブがない自転車はすでにいくつか発表されており、それぞれスポークレスにした独自の理由を持っている。例えば折り畳み自転車「Sada Bike」では、折り畳んで持ち運ぶ際の重量軽減を目指した結果、スポークレスになった。

折り畳み自転車「Sada Bike」では重量低減目的で、スポークとハブをなくした
参考画像:折り畳み自転車「Sada Bike」
スポークレスにすることで、軽量化を目指した

では、「CYCLOTRON BIKE」がスポークレスになった理由はなんだろう?それはスポークを取り払って空いたスペースを、「ユーティリティエリア」として利用するためだ。

「CYCLOTRON BIKE」では、スポークのあった場所をユーティリティスペースとして活用する
スポークレスにして空いたスペースを、「ユーティリティエリア」として活用!

開発元のCyclotron Cyclesは、スポークのある場所は自転車内のデットスペースになっており、有効活用されることなく、ただ空気をかきまわしているだけだったと主張する。

だが、「CYCLOTRON BIKE」では、この空間を「ユーティリティスロットモジュール(Utility Slot Modules:USM)」を取り付け可能な場所として活用。様々なモジュールを用意し、ライフスタイルにあった選択を可能にすると約束する。

Cyclotron Cyclesが用意するUSM用のモジュールのひとつには、「ポリゴンバスケット」がある。これはスーパーなどへの買い物に便利なバスケットで、500mlのペットボトルを、前後両輪で合計24本入れられるという。

CYCLOTRON BIKEのポリゴンバスケット
USMモジュール「ポリゴンバスケット」
スーパーに行く時に便利!

それだけの量のペットボトル(重さ12キロ)を前カゴに入れると、自転車は不安定になってしまう。だが「ポリゴンバスケット」は低い位置に取り付けられているので、安定した走行が期待できるそうだ。

荷物を搭載していないときには折り畳んでおける買い物かご、「バタフライバスケット」も用意された。

折り畳み式のバスケット「バタフライバスケット」
折り畳み式の「バタフライバスケット」
普段は折り畳んでおき

折り畳み式のバスケット「バタフライバスケット」
スーパーの帰りには開いて使用する

その他、「Wingman」と呼ばれるチャイルドシートを取り付けることも可能だ。

「CYCLOTRON BIKE」に取り付け可能なチャイルドシート
チャイルドシート「Wingman」
低い位置にあるため倒れにくく、乗り降りしやすい

未来的…というか、現代的な機能も搭載されている。様々なセンサーが搭載されており、スマートフォンアプリと連携することで、自転車用ナビやサイクリングデータの記録といった機能を提供する。

「CYCLOTRON BIKE」は様々なセンサーを搭載し、スマートフォンアプリと連携して機能する
「CYCLOTRON BIKE」用アプリで使用できる機能の一覧(予定)

フレームにはカーボンファイバーなどを使用し軽量化を図った。12段変速機搭載版で重さ11.5キロ、18段変速版でも11.8キロ、電動変速機搭載版では11.6キロを実現している。

「CYCLOTRON BIKE」重さ
12段変速で十分な気がしますが…。

ケーブルやチェーン、ディレイラーさえもこのカーボンファイバーフレームの内部に統合され、外からは見えないデザインとなった。

開発元のCyclotron Cyclesは現在、「CYCLOTRON BIKE」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、999ユーロで12段変速機版の「CYCLOTRON BIKE」を1台入手可能だ。入手に必要な金額はキャンペーンが進むにつれて上昇し、終了後の市販価格は1,599ユーロになる。日本への配送にも対応。出荷は2017年6月に予定されている。

「CYCLOTRON BIKE」

「CYCLOTRON BIKE」の開発はまだ初期段階にあるようで、製品版では現在約束されている機能のうち、いくつかは実現しない可能性もある。購入は、完成車が発表されるまで待つ方が良いかもしれない。だが、約束された機能がすべて実装されていたら、魅力的な一台となるだろう。