ダイキンのマイクロ水力発電システム
ダイキンのマイクロ水力発電システム

水道の水流エネルギーから電気を作る超小型の水力発電システムを、ダイキン工業が開発する。兵庫県の神戸市水道局と協力して研究を進める。

ダイキンというとエアコンの印象が強いが、すでに空調・油圧機器でつちかった技術を応用し、設置面積が従来製品の約半分で導入コストも少ない22kW級および75kW級のマイクロ水力発電システムを実用化している。

小型化が進むマイクロ水力発電システム
マイクロ水力発電システムはさらに小型化が進んでいる

新たに開発するのはさらに小規模な、10kW以下の超小型システム。完成すれば、水道局から家庭や企業に水を届ける「上水道」の、閉じた水路(管水路)に設置する。

こうした管水路はもともと、ところどころで水圧が強くなりすぎないように調整用バルブを備えている。ダイキンの超小型システムは、バルブの代わりとして機能しつつ、水の流れる力を利用して電気を作り出す。

神戸市は再生可能エネルギーの活用などに熱心で、特に高低差のある地形がマイクロ水力発電システムの設置に適しているため、今回の共同研究を決めたそう。

まずは既存の22kW級マイクロ水力発電システムを神戸市水道局の福谷中層配水池に設置する。新たに開発した遠隔制御機能や長期的な性能、メンテナンスなどにかかる運用コストを評価する。ちなみにこのシステムは一般家庭約65軒分に相当する年間211MWhの発電能力を持つという。