熊本地震の被害を軽減するため、被災地でさらに2つのFMラジオ局が登場する。「こうささいがいエフエム」「みふねさいがいエフエム」。それぞれ熊本県上益城郡の甲佐町と御船町に住む人に放送を行う。

災害の被害を軽減するために一時的に開設する「臨時災害放送局」。すでに熊本市の一部で放送する「くまもとさいがいエフエム」も発表となっており、今回はそれに続くもの。九州総合通信局が甲佐町と御船町にそれぞれ免許を付与した。

こうささいがいエフエムは、九州総合通信局の機器を使って放送する。呼出符号はJOYZ0P-FM、周波数は80.7MHz。送信所、スタジオとも甲佐町役場。放送区域は甲佐町の一部。


みふねさいがいエフエムは、長野県にある信越総合通信局の機器を使って放送する。呼出符号はJOYZ0Q-FM。周波数は84.7MHz、送信所、スタジオは御船町役場。放送区域は御船町の一部。


スマートフォンや光回線の不調などの恐れを考えると、ラジオでのきめ細かな情報発信は重要。